酪農家の方へ

MMJ出荷酪農家様インタビュー

MMJは徹底した流通の合理化と品質管理のもと生乳出荷をおこない、ご契約酪農家様への利益を最大化します。 乳価の向上は経営の安定のみでなく、今までの乳価ではできなかった 規模拡大への設備投資、従業員への福利厚生などにもつながります。 良質な生乳を品質に見合う価格で販売し、消費者のもとへ届けたい、そんな酪農家様の想いを形にします。

田口畜産メイン

有限会社 田口畜産(北海道 幕別町)

田口畜産_規模拡大

価からの利益が、規模拡大に繋がる

ホクレンへの出荷と、MMJへの出荷の大きな違いの1つに乳価があります。2014年4月1日からの MMJ への出荷以降、田口畜産の規模拡大のスピードは急加速しています。酪農は 先に建物、牛、餌が必要な、先行投資型の産業です。MMJ の乳価により安定した収入の裏付けが金融機関に取れ、融資が受けやすくなりました。これが、現在の規模拡大につながっています。

MMJへの出荷が、経営再建の切り札に

弊社では MMJに出荷を始める少し前に、金融機関の後ろ向きな資金による支援が決まり、借金に借金を重ねる連鎖が起きていました。そんな中、タイミングよくMMJから出荷オファーが。経営再建のための出荷先切り替えに対して、メインバンクからも了解が得られたので、MMJへの出荷に踏み切ることができました。出荷先切替による乳価の向上は、経営再建の切り札になりました。

田口畜産_子牛ミルク
田口畜産_JGAP

費者への安心に加え、従業員の意識も向上した JGAPの取得

消費者や出荷先へ、牧場での安心安全な生乳生産体制をより分かりやすく伝えるため、そして、他牧場との差別化を図るために十勝の酪農場としては初めて、JGAPを取得しました。牧場内の管理点を明確にすることで、改善点が見つかればルールに従って全社一丸となって改善を目指すことができます。これにより、従業員の意識向上につながり、牛のことを第一に考えた飼養が出来ています。

業員への福利厚生が、人の定着に繋がる

会社設立当初から、従業員への福利厚生を重点的に取り組んでいます。もともと自分よりも 大きな経営をしている牧場が、そこに取り組んでいないことに疑問がありました。田口畜産では、現在70名を超える従業員が働いていますが、従業員が気持ちよく働くためにも、働きやすい環境づくりは不可欠です。最近では、社員寮、社員食堂のほかにも、社内報の作成、 LINE WORKSの導入など新たな取り組みも始めています。こういった取り組みが、人の定着に繋がっていると考えています。

田口畜産_子牛
田口畜産_スタッフ

場の様子をHP上で公開し、消費者理解を深めたい

消費者や出荷先の皆様に搾乳風景を見ていただけるように、田口畜産のHP上で搾乳作業を公開しています。どのような現場でどのようにして牛乳を搾っているかが分かり、安心していただける材料になるかと思います。是非、弊社HPもご覧ください。

春には、さらなる増頭で2000頭規模に

現在60ポイントのロータリーパーラーと新しい牛舎を7棟建設中で、来春に稼働予定です。今年中に新たな糞尿処理設備も手掛け、2000頭オーバーの搾乳群を作っていきたいと考えております。

田口畜産_牛舎

MMJは生産者と消費者の距離を縮め、繋いでいきたいと思っております。

乳質向上サポート

【MMJ生乳品質基準】

アルコール 70%アルコール:生乳 3:1(-)
抗生物質 (−)
風味
比重 1.028~1.034(乳等省令に準拠)
酸度 0.18%以下(乳等省令に準拠)
乳脂肪分 3.6%以上
無脂乳固形分 8.5%以上
細菌数 3万 / ml以下
体細胞数 30万 / ml以下

消費者の方に安全で美味しい製品をお届けするため、生乳の品質がとても重要です。MMJでは乳質の向上・維持に取り組む農家さんへのサポートとして、乳価の面ではもちろん、農場HACCP 、GAP等の取得に向けての支援も行っております。 安定的に品質の良い製品をお届けするため、左記の通りMMJの推奨乳質基準を設け、維持にご協力いただいております。

直送の場合は、出荷時の庭先での検査、乳業での受け入れ検査を行っております。

出荷時の検査

抗生物質(簡易法)、アルコール反応、風味(色調・異物混入)異常なしを確認後集乳します。

受入時の検査

出荷先乳業メーカーの受入検査で脂肪、無脂固形、細菌数、体細胞数、抗生物質、アルコール、風味検査等を行います。

生乳検査体制

生乳の品質管理の一環として自社で検査体制を整えております。

定期検査によって乳質の変化をモニタリングし、先手先手の対策をサポートします。

きめ細かくデータをフィードバックすることにより、日ごろの管理に役立てていただきます。

北海道から本州に送られる生乳は、MMJ苫小牧品質管理センターで検査後に出荷を行っています。

本社品質管理生乳検査室では、ご希望により生乳の成分検査を受け付けておりますので MMJ契約農家の方はもちろん、契約農家ではない方も自由にご利用いただけます。

乳価について

料金システム

MMJの契約は「庭先買取」です。契約乳価から手数料が引かれることや、用途による乳価の変動もありません。 このような明快な精算方法が契約農家の方に支持されております。

契約形態

生乳出荷量と出荷期間を自由にお選びいただけます。 現在ご契約いただいている例をご紹介いたします。

全量年間契約

生産量の全量をお売りいただきます。

全量年間契約

一部年間契約

生産量の一部(日量10tのうち3tなど)をお売りいただきます。 大規模酪農経営の酪農家の方々に好評な取引形態です。 集乳頻度は必ずしも毎日でなく、1日おきや、週に1回など、ご相談ください。

一部年間契約

短期契約

生産量の一部または全量を、一時的にお売りいただきます。 1日分だけの販売や、ひと月だけの販売など、ご相談ください。 原則として集乳希望月の前月20日までにお申し込みいただきますが、 急なご相談にもできる限り対応していきたいと思いますのでお気軽にご連絡ください。

短期契約

その他出荷形態について知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

乳代のお見積・ご相談