会社情報

社長挨拶

MMJ(Milk Market Japan)が創業20周年を迎えます。

創業当時、生乳が大変逼迫し乳業メーカーからは「来週の学乳さえ足りなくなりそうだ、4t車一台でもいいから持ってきてくれ」と言われるような状況でした。

一方、酪農家は1992、93年の生産調整の影響が尾を引き意気消沈する農家も多くいましたが、一部で有志が集まり自主流通への道を模索する動きが各地で起こっていました。MMJを始めたのも、このような酪農家から「生乳、売れないか?」と頼まれたことがきっかけでした。

生乳は指定団体制度の下、一元集荷による計画生産などの価格安定政策をおこなってきた一方で、規模拡大を目指す意欲ある酪農家は当時の組合による一元管理に対して様々な問題意識を持っていました。

MMJは酪農家と問題意識を共有し、売りたい酪農家と買いたい乳業を多面的ネットワークで結びました。2018年4月には、国の指定団体が独占していた加工原料乳生産者補給金に関する法律が廃止されました。新たな制度として指定団体を通さない自主流通も補給金を受け取る対象となり、国の政策の上でも大きな転換が始まっています。酪農家と乳業に第2の選択肢を提案する「生乳流通のプラットホーム」として、MMJの生乳自主流通のネットワークは全国に拡大しています。

弊社は酪農・乳業の発展に資する自主流通の中心であり続けるとともに、流通合理化と品質管理を徹底します。そうすることによって、酪農家には有利な販売による経営の基盤を確保していただくことができ、安定した環境で生産された生乳によって消費者の皆様に安全・安心・おいしい牛乳、乳製品を届ける事をお約束します。

2021年6月 代表取締役 茂木 修一

代表写真

会社概要

会社写真
社名 株式会社MMJ
本社所在地 〒372-0014 群馬県伊勢崎市昭和町3928
電話番号 0270-50-8220
FAX番号 0270-50-8221
代表者 茂木 修一
設立 2002年12月
事業内容 生乳・乳製品の卸売業
資本金 6,858万円
年商 156億円(2020年5月期)
従業員数 10名(パート含む) ※2021年6月現在