• 酪農と乳業をむすぶ生乳売買プラットホーム

概略年表

平成4年 9月1日  JA中之条・吾妻町・群馬東村・名久田・群馬高山村・
長野原・六合・北軽井沢の8農協とJA吾妻酪連との
合併により、JAあがつまが新設される
平成5年 冬    生乳の生産調整が行われる
平成6年 8月7日  八ケ岳酪農組合から川野氏に、アウトサイダーとして
生乳出荷しないか、という話が来る
8月12日  川野氏が選出した11人の酪農家で最初の会議を開く
その結果、川野氏含む6人がアウトサイダーに
なることを決意
8月13日  農協が八ケ岳酪農組合に対し圧力をかけてくるが反発
6人は八ケ岳酪農組合と個別に話し合い、個別に契約
(契約時の条件…乳量:10t/日、乳価:冬90円、夏100円/kg)
8月14日  アウトサイダーとして八ケ岳酪農組合に初出荷
契約から3ヶ月後 八ケ岳酪農組合、アウトサイダーの乳価を
引き下げ始める
平成8年 山田氏が加わり、アウトサイダーは7人に
川野氏、豊田乳業にも出荷開始(150~200kg/日)
平成9年 契約時の八ケ岳酪農組合の役員が辞職
平成11年 農協に国の制度資金借り入れを申し込むがアウトサイダーである
ことを理由に断られる

農協参事に経済連への直接加入を勧められ、乳業との契約を打ち切る

インサイダーに戻るための契約会議の席上、経済連加入の話を反故に
され、酪農家各自で販売先を模索し始める

7軒の話し合いでプール乳価を求められるが川野氏が拒否し決裂

川野氏:豊田乳業に150~200kg/日、
他大半は八ケ岳酪農組合に65円/kgで出荷(余乳扱い)

その他の4軒:1円/kgで出荷枠を買いインサイダーに戻る
平成12年 川野氏:豊田乳業と全量出荷契約を結び現在に至る
平成13年 徳沢氏:東信ミルクプラントと契約し現在に至る