• 酪農と乳業をむすぶ生乳売買プラットホーム

株式会社MMJは、生乳の自主流通を志す酪農家のパートナーとして創業し、そのネットワークを拡大してきました。
指定団体外の流通は「アウトサイダー」と呼ばれながらも、
MMJが提案する中間経費の無駄を省いたシンプルな契約による乳価は、酪農家の経営向上に貢献し、
機動的な供給力は、指定団体からの配乳カットで原乳不足にあえぐ中小乳業メーカーの生命線となりました。

そして2018年4月、50年以上続いた指定団体制度に終止符が打たれ、
政府の改革方針により加工原料乳生産者補給金暫定措置法(いわゆる不足払い法)は廃止、
畜安法に位置づけされた新制度では、指定団体外の流通にも加工原料乳生産者補給金が配分されます。
これはかつてのインサイダー、アウトサイダーの壁が取り払われたことを意味します。
同時に、酪農家が出荷先を選択できる、更に出荷先を複数もつこともできることが国の指針で示されました。
MMJは旧指定団体と並び「第1号対象事業者」指定を受けましたが、
これまで築いた酪農家・乳業とのネットワークを拡充し、常に生乳の自由流通のリードカンパニーであり続ける
ことが求められる役割と考えています。
酪農家と乳業が共に歩み、発展するために。挑戦こそ、MMJの使命です。

代表取締役 茂木 修一