• 酪農と乳業をむすぶ生乳売買プラットホーム

公正取引委員会への申告文書

MMJはミルクローリーの尾行が不当な商行為にあたる疑いがあるとして、公正取引委員会に事件を申告、注意勧告を求めた。
以下はその文書である。

公正取引委員会殿

平成15年7月2日

このたび、当社運営上大変危険を伴い、不当に営業を阻害される恐れのある事件が発生しましたので報告し、実行犯である群馬県牛乳販売連合会に対し注意を勧告していただきたくお願い申し上げます。

昨年12月18日と19日、今年になって1月17日に当社より出荷の原乳を積んだ大型ミルクローリーが何者かに尾行されました。
別紙内容のように調査しましたところ、群馬県牛乳販売連合会の職員(課長)およびその部下であることが判明いたしました。
尾行の意図は明確にされませんでしたが不当な商行為であることに疑う余地はなく、尾行の意図を調査していただき、同連合会に対し正当な商行為から外れる卑劣な行為を今後しないよう、勧告していただきたく存じます。

原乳は乳製品全ての原料となる商品です。
何かしらの犯罪行為の対称になれば大変な量の食品犯罪の元になることが考えられます。
首謀者は同連合会の参事、高橋準(職員の最上位責任者)であり、大掛かりで組織的な犯行の一環であったように思います。
また利害関係や組織構造から考えて参事という役職の者が企てたとすれば、非常に不自然であります。
さらに上位クラスの経営陣が疑われますが、当方で問いただした折には参事自身で企て部下に命令し実行したと言っており、同連合会責任者である会長新井昌一氏に、調査以来をしましたが、再三に渡り文章受け取りを拒否された状態です。
今事件より当社系列の輸送車両には全て施錠するよう指導しましたが、酪農家サイドまでの完全な安全対策は不可能に近い状態です。
当社系列の酪農家には安全対策を施すよう指導しておりますが、万が一の事も考え、状況報告を兼ね事件の経過報告を平成15年7月2日、別紙のように伊勢崎警察署へ提出しました。

同連合会は群馬県の原乳生産量の98%を掌握しており、県や国の行政、補助事業を一手に引き受けております。
その規模と県酪農界におよぼす権限と影響は当社の比ではありません。
このように市場、業界、行政を独占している組織が卑劣な手段により前期のような事件を企てることは社会的に許されない事であります。
事情聴取の折、参事が「販売先を知りたかった」と言いましたが、「知ってどうする?」と言う質問には答えませんでした。
不正な意図があったと思われます。
以上、ご理解の上、調査とご指導をよろしくお願いいたします。

株式会社MMJミルクマーケットジャパン
群馬県伊勢崎市昭和町3928
代表取締役社長  茂木修一