• 酪農と乳業をむすぶ生乳売買プラットホーム

 
規制改革会議は31日、指定団体廃止を明記した意見書をとりまとめた。
河野規制改革担当大臣は、生産者が自由に新たな販売ルートを選べるようにすべきとし、 現行の加工原料乳生産者補助金についてもインアウト区別なく受けられる仕組みを作りたいとした。
規制改革会議はこの意見書の内容について農水省と調整の上、6月に取りまとめる答申に反映させる方針。
規制改革会議は3月23日に会合を行っており、JA浜中の石橋組合長、田口畜産社長、東海牛乳社長への聴取を行っていた。

※4月9日 記事リンク追加
2016年4月1日日本経済新聞朝刊
「生乳の流通 自由度向上を」※記事本文(紙面)が読めます (※リンク切れ)
2016年3月31日日本経済新聞朝刊
「生乳の流通 自由化検討」※記事本文(紙面)が読めます (※リンク切れ)
日経電子版 関連記事リンク
「生乳の流通を自由に 規制改革会議が提言了承 JA全中は反発」2016年4月8日
「競争力ある農漁業へ改革を緩めるな」2016年4月7日
「生乳の流通自由化に反対へ 自民小委が方針」2016年4月6日